最近若い年代でも女性の薄毛が増えていると、ある雑誌で読んだことがあります。

育毛と成長ホルモンについて

最近若い年代でも女性の薄毛が増えていると、ある雑誌で読んだことがあります。

女性の薄毛の原因はいろいろあり、加齢やホルモンバランスだけでなく、間違ったヘアケア、パーマやヘアダイで、髪や頭皮に長い間負担がかかってきている、ダイエットによる栄養不足など、いろいろな原因があるそうです。

また、ストレスや睡眠不足、食生活なども頭髪に影響があるそうですね。

私は週に2、3回スポーツジムに行っていますが、ジムで汗を流している人は、とても若く見えます。

気持ちが若いことも考えられると思いますが、私が知っている同じ年代の人たちに比べると、肌や髪、表情などもはつらつとしています。

ジムのトレーナーが以前言っていたことがあり、運動をすると成長ホルモンの分泌が多くなるのだそうです。

成長ホルモンは分泌されるタイミングがあり、それが運動したあとと睡眠中なのだそうです。

成長ホルモンは身長を伸ばしたり、骨や筋肉を作ったり代謝を促す作用があるそうです。

成長ホルモンは育毛にも効果があるのだそうです。

薄毛になるのは、何らかの原因により毛母細胞の活動が機能しなくなってしまうために起こる現象だそうで、成長ホルモンが分泌される夜10:00から午前2:00の間に睡眠をとることが大切だ、ということを聞いたことがあります。

じつは、ジムのトレーナーは自分でもかなり薄毛を気にしていて薄毛対策についていろいろと調べていたのだそうです。

薄毛の原因が睡眠不足だということも納得ですね。

関連サイト=>http://www.aac-clinic.com/menu/ladies/